日本で先に国際結婚の届出(婚姻届出)を行っても、日本で結婚手続きをしたというデータは外国の役所には行きません。つまり本国では、外国人は独身のままとなってしまうこともあり、本国でも結婚したことを届け出る必要があります。

本国でも届出が必要な理由

日本で先に国際結婚の届出(婚姻届出)を行い受理されれば、日本では結婚が成立します。戸籍謄本に外国人配偶者の名前が載るのは、婚姻届出の1週間くらい後になります。

しかし、日本でのみ婚姻届出を行い本国で届出をしないでおくと、外国人配偶者は母国の登録上は独身のままとなります。日本に届け出ても、日本の区役所・市役所の結婚したデータは本国へは行きません。

ですので、自ら本国に届け出る必要があるわけです。

また、入国管理局で「日本人の配偶者等」の在留資格を申請するのに、本国でも婚姻手続きを行うことは必須条件ではありませんが(日本の方法で婚姻手続きを行っていることは必須条件です)、入国管理局「本当に愛し合って結婚をしていれば、両国で婚姻手続きを行っているのが普通でしょう??」という考えもあり、本国でも婚姻手続きを行ったことの証明書の提出を求めています。

このことからも、日本のみではなく、外国人配偶者の本国でも婚姻届出を行うことをお勧めします。

 

届出先と届出方法

婚姻した先の本国での届出先ですが、通常は外国人配偶者の日本にある大使館(領事館)です。

届出の方法(出頭または郵送など)や必要書類(婚姻の記載ある戸籍謄本や婚姻届受理証明書が一般的です)については国によって違いますので、事前に各国の大使館のホームページや電話で確認を取った方が良いでしょう。

 

 

届出が必要ない国も

日本で先に国際結婚の届出(婚姻届出)をしたら、本国にも結婚を届け出るのが原則ですが、ニュージーランドなど届出が不要な国もあるので、各国の大使館のホームページや電話で確認してみてください。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。