札幌の外国人のビザ、在留資格専門の行政書士 木田晶子です。

2020年・2000万人

さて、何の数字でしょうか?

2020年オリンピック・パラリンピックの開催地が東京と決まったのは、昨年の9月。

もう1年も前のことなんですね~。

ということで、開催までに残された期間は6年を切っています。

このオリンピック・パラリンピック開催を追い風にして、観光立国推進閣僚会議において、2020年、2000万人の外国人観光客が日本に訪れることを目指す ことになりました。

はたして、この2000万人目標は、どのくらいの数字なのでしょうか?

観光庁の宿泊旅行統計調査によると、2013年の訪日外国人の数は、1036万人ということです。

つまり、現在の倍近い外国人が、日本を訪れてくれることを目指すことになります。

これは、容易なことではありませんよね・・・。

日本はどんどん外国人に対して、日本の魅力をは発信していかなければなりません。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。