在留資格認定証明書を紛失してしまった場合、再発行はされませんので、再度「在留資格認定証明書交付申請書」を入国管理局に提出しなければなりません。

在留資格認定証明書とは

雇用したい外国人や外国人配偶者がまだ海外にいる場合、日本に呼び寄せるためにまず初めにするのが「在留資格認定証明書交付申請」で、日本の入国管理局に申請をします。

入国管理局では、申請書の記載事項や添付書類の内容を審査して、雇用したい外国人や外国人配偶者を「日本に呼び寄せてもいいよ」という結論に至ると、在留資格認定証明書を発行してくれます。

外国人を雇用したい会社や日本人配偶者などが、この在留資格認定証明書を入国管理局から受け取ったら、ただちに海外にいる雇用したい外国人や外国人配偶者に郵送します(たまに持参する方もいます)。この時、紛失しないように、FEDEX、DHL、EMSなど配達状況が追跡できる郵便を利用して、確実に配達されるようにしてください。

在留資格認定証明書を受け取った外国人は、ビザ申請書やその他添付資料と在留資格認定証明書を用意して、日本領事館等にビザ申請をします。

 

在留資格認定証明書を紛失した場合

在留資格認定証明書を紛失してしまった場合、ビザ申請が出来ませんので、もう一度在留資格認定証明書を手に入れる必要があります。

しかしながら、在留資格認定証明書は再発行してもらうことが出来ません。つまり、在留資格認定証明書交付申請を最初からやり直すことになり、非常に面倒ですが仕方がありません。

日本国内で何度でも取得できる書類(戸籍謄本、住民票、会社の現在事項証明書等)は、前申請から3か月以上経過しているときは再度取得して用意します。外国から発行された書類で何度も取得できない書類などは、2回目の在留資格認定証明書交付申請のときに、「〇〇号の申請で使用した資料を、今回の申請でも使って下さい」という意味の【転用願出書】を提出することも可能です。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。