札幌の外国人のビザ、在留資格専門の行政書士 木田晶子です。

先日、7月に永住申請していたお客様の、申請が許可された旨の通知書が届きました!

日本の場合、海外から永住申請はできないので、永住申請するためには、多くの場合は5年~11年くらい、またはそれ以上の期間、日本で生活した実績が必要です。

私のお客様で、日本での生活実績を重ねて就労や配偶者ビザから永住申請する方々が増えているのは、本当にうれしいことです。

最近、入国管理局での審査に要する期間は少し伸びているような気がしています。

おそらく、申請数が多いので審査に時間がかかる、または日本に来る外国人の数が増えているので審査官が、空港での出入国審査にも出向くので審査の人手が足りていないのかな・・・

と思っています。

以前は、在留資格の認定申請・変更・更新では、ホームページで書いている「標準処理期間」よりも大幅に早く、1週間程度で(たまに2~3日!)で許可が出ることもありましたが、最近は、2~3週間くらいかな・・・という印象です。

これで、ほぼ「標準処理期間」通りです。

永住申請は、以前は3か月で出ていましたが今回は4か月くらいかかっています。

変更や更新の許可をもらってから、出張や帰国などで日本を離れる予定のある方は、審査に要する期間が延びることも考慮して早めに申請するほうが良いかもしれません。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。