札幌の外国人のビザ、在留資格専門の行政書士 木田晶子です。

以前の私のブログ「お盆期間中の入国管理局」でも書いていますが、日本人や外国人の出国・入国者が増える期間は、

入国管理局のたくさんの審査官が、空港での出国・入国審査のために駆り出されるので、「在留期間更新申請」などの審査に手が回らなくなるようで、審査期間が長くなる傾向があります。

10月は、中国の大型連休(国慶節)があって、多くの中国人が北海道に遊びに来たからでしょうか・・・

10月初めに申請しているのに、通知が来ない案件が、いくつかあります。

毎日、膨大な、審査案件を処理し、そして、空港での出国・入国審査にも出向いている、入国管理局の審査官の方々。

本当に大変な仕事だと思いますが、

2014年10月25日 朝日新聞 エボラ対策、日本異例の「全員確認」流行国からの入国

またまた、入国審査が大変になりそうです。

そんな状況だからこそ、私のような、外国人の在留手続きが専門の行政書士がアピールできるタイミングだと思います!

最近は、在留審査に時間がかかるようになってきていますが、私のような、経験のある行政書士であれば、審査官が、申請書・添付書類を読んでみたくなるような、見やすさ、わかりやすさ、論点や焦点を絞った書類を、作ることができるからです。

その様な書類を作ることで、審査期間が短くなることが期待できますから、外国人・クライアントにとっても大きなメリットがあります。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。