札幌の外国人のビザ・在留手続き専門の行政書士木田晶子です。

本年6月18日、第186通常国会において「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律」が成立しました。

平成25年6月に策定された日本再興戦略に盛り込まれた施策および観光立国実現に向けたアクション・プログラムに盛り込まれた施策を実現し日本経済の活性化のために資する外国人の受け入れを促進すること等を目的とした在留資格の整備を行なうことになります。

在留資格の整備に関する主な改正項目は次のようになります。

1 高度外国人材の受入れの促進

(平成27年4月1日施行)

2 在留資格「投資・経営」に係る改正

(平成27年4月1日施行)

3 在留資格「技術」・「人文知識・国際業務」の一本化

(平成27年4月1日施行)

4 在留資格「留学」に係る改正

(平成27年4月1日施行)

詳しい内容については、今後のブログで説明していきます。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。