日本人と離婚後に、また日本人と結婚をしても在留資格は「日本人の配偶者等」で変わりはありません。ただし、入国管理局は「再婚」したことや「再婚相手の日本人」について何も情報ありませんので、在留期間更新許可申請をする時は、戸籍謄本、日本人配偶者の在職証明書、質問書など初めて「日本人の配偶者等」の在留資格を申請した時とほぼ同じ書類を用意する必要があります。

 

%e5%bd%b1

 

日本人と結婚している外国人の在留資格

日本人と結婚している外国人の在留資格は「日本人の配偶者等」です。日本人と離婚し、また日本人と結婚した場合も在留資格は「日本人の配偶者等」です。日本人との再婚後に、初めて在留期限がくる場合は、在留資格に変更はないので「在留期間更新許可申請」をします。

ただし、入国管理局は「再婚」したことや「再婚相手の日本人」について何も情報ありませんので、在留期間更新許可申請をする時には、戸籍謄本、日本人配偶者の在職証明書、質問書など初めて「日本人の配偶者等」の在留資格を申請した時とほぼ同じ書類を用意して提出します。

 

日本人配偶者と離婚したときは、入国管理局に届け出が必要です

「日本人の配偶者等」の在留資格をもって日本に在留する外国人のうち、日本人の配偶者としての身分が在留資格の基礎になっている方の場合のみ、配偶者と離婚又は死別した場合には、離婚等の日から14 日以内に最寄りの地方入国管理局に届け出る必要があります。

もし届け出を怠った場合には20万円以下の罰金に処せられたり、届け出する義務を実行していなかった(つまり在留状況が悪い)と判断されて、在留期間更新許可申請の審査時に不利益を被る可能性もありますので、忘れずに届け出すようにして下さい。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。