日本の大学等で勉強する外国人留学生は、本国から妻や子を日本に呼び寄せて一緒に生活することは可能です。しかしながら、外国人留学生にはアルバイトの時間制限がありますので、「どのように家族が日本で生活をしていくのか」の生活費の支払いの説明・立証が難しい場合が多いことに注意が必要です。

外国人 ストレス

外国人留学生の妻・子の在留資格

日本の大学等で勉強する外国人留学生に妻や子がいる場合、その妻や子を日本に呼び寄せて一緒に生活することが可能です。妻や子には「家族滞在」という在留資格が与えられます。

在留資格「家族滞在」を持つ妻や子は、語学学校で日本語を学んだり、お住まいの地域にある小学校や中学校に通うこともできます。また、妻は資格外活動許可をもらえば、週28時間以内であれば就労することができます。

 

在留資格「家族滞在」をもらうことの難しさ

在留資格「留学」を持つ外国人留学生は、勉強することが日本に滞在する目的なので働くことができませんが、資格外活動許可をもらえば、1週当たり28時間(教育機関の長期休業期間中は、1日につき8時間以内)のアルバイト程度の仕事は可能です。

しかしながら、学業がメインで、仕事はアルバイト程度ですから、妻や子を日本に呼び寄せてどのように生活をしていくのかを説明するのは、非常に難しいです。

先に書いたように在留資格「家族滞在」を持つ妻も、資格外活動許可をもらえば、週28時間以内であれば就労することができますが、まだ日本に来ていないので仕事のあてもないでしょうし、言葉の壁もあるでしょうから「妻もアルバイトをして生活費を稼ぎます」という説明も説得力が欠けてしまいます。

以前、私が行った申請で「本国にいる親族から送金してもらえるので、夫婦で日本で生活できます」と理由書に書き、関連した書類を付けて提出したことがありますが、本国の親族の就労先にまで入国管理局から問い合わせが行ったことがあります(厳しい~っ!!)。

したがって、外国人留学生が、妻や子を日本に呼び寄せるときは、生活費の支払いの説明・立証が非常に難しいこと、また審査が非常に厳しいことを知った上で申請準備するようにして下さい。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。