就労の在留資格で何度更新しても「1年」というケースも珍しくはありません。なかなか「3年」「5年」をもらうことができないのには、やはり理由がありますので、行政書士に相談して理由を推察してもらう、または入国管理局で「3年」が出ない理由を聞いてみることをお勧めします。

日本人 考える

在留期間の種類

就労できる在留資格の場合、在留期間は、在留資格により異なりますが「3か月」「6か月」「1年」「3年」「5年」があります。

正社員として安定して日本で働きたい場合や、永住申請したい場合などは、できるだけ早くに「3年」「5年」の在留期間をもらっておきたいところです。

 

「3年」「5年」の在留期間をもらうためには

「3年」「5年」の長期の在留期間がほしい場合は、申請書の「希望する在留期間」の欄に「3年」または「5年」と書くことができます。しかしながら、在留期間更新や変更が許可されても、必ずしも「希望する在留期間」の通りの期間をもらえるわけではありません。

私の事務所にも「なかなか3年の在留期間がもらえない」と相談に来る外国人は少なくありません。

皆さん、それぞれ情報を集めていますので「雇用先がダメなんじゃないか」「国籍で差別されているんじゃないか」「入国管理局の担当者に嫌われている」などいろんな原因を挙げられますが、入国管理局は『審査要領』という基準に従って何年間の在留期間とするのかを判断していますので、外国人のビザ業務を専門にしている行政書士に相談して、「3年」「5年」の在留期間がなかなかもらえない理由を推察してもらうことをお勧めします。

入国管理局で「なぜ、なかなか3年(5年)がもらえないのでしょうか?」と質問することもできますが、詳しい理由までは教えてもらえないことがほとんどです。

 

在留期間がずっと「1年」の理由

何度在留期間を更新しても、在留期間「3年」「5年」がもらえないのにはやはり理由があります。

例えば、最近当事務所であった事例では、

・入管法上の届出(住居地の届出、住居地変更の届出、所属機関の変更の届出等)の義務を履行していない場合。

・ 雇用先の経営状態が良好でない場合。

・ 当初の雇用条件と異なる条件で雇用されている場合(月給が低くなっている、社会保険に加入してない等)。

・ 雇用先が過去に入管法違反で処罰されている場合。

・ 雇用先又は外国人本人が住民税を支払ってない場合。

がありました。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。