「資料提出通知書」が入国管理局から届いたら、その質問内容に対する回答書や追加資料を作成し、回答期限に遅れることがないように入国管理局に返信してください。もし回答期限に遅れる場合は、事前に入国管理局の担当者にその旨をお知らせするようにしてください。

 

外国人 鉛筆の手元

「資料提出通知書」とは?

「資料提出通知書」とは、入国管理局に何らかの申請をして受理され、審査の過程で担当者が不明なことがあると判断した場合に、追加資料を要求するときに郵送されてくる書面です。

「資料提出通知書」での質問や提出を求められる資料は、申請内容や申請時に提出している書類によって異なりますが、「基本資料」(通常は申請時に提出する資料)以外の資料の提出が求められます(基本資料が足りない時や不備があるときは、申請時にその旨言われます)。

何度も「資料提出通知書」を見ているとわかるのですが、「この通知書に回答すれば、許可がでるな。」という場合と「不許可理由を明らかにするために、追加資料を求めているな。(つまり、追加資料を提出しても不許可になる)」という場合があります。

 

「資料提出通知書」を送る際に気を付けること

「資料提出通知書」には回答期限が記載されています(通常は回答期限まで2週間くらいあります)。

本国から資料を取り寄せなければならない場合などは、回答期限までに回答することができないこともあります。その場合は、「資料提出通知書」に記載している担当者宛てに、回答期限までに回答ができないことやいつまでに回答を送ることができるのかを、早めに連絡しておきます。もし、担当者の記載がない時は、申請番号や申請者名を申し出たうえで、上記のことを入国管理局に連絡しておきます。

「資料提出通知書」には、通常は返信用封筒が同封されているので、それを使用して返信することができますが、回答書の枚数が多くて封筒に入らないときや回答期限が間近なときは、レターパックプラスを使って返信することも、また入国管理局に回答書を持参することも可能です。

「資料提出通知書」の回答書が入国管理局の担当者に届いてから、審査が再開されますが、回答書に不明な箇所があるときや、最初の「資料提出通知書」に記載漏れがあったときには、再度「資料提出通知書」が郵送されて来たり、電話で追加資料の提出を求められることもあります。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。