日本人夫の外国人妻、または外国人夫の日本人妻が妊娠しているタイミングで、外国人配偶者の在留資格の更新許可申請することになった場合は、母子手帳のコピーや医師の診断書を申請書類に加えて提出すると、審査に有利に働くことがあるかもしれません。

%e5%bd%b1

 

夫婦関係安定のアピールになる

日本人夫の外国人妻、または日本人妻の外国人夫が「日本人の配偶者等」の在留資格で日本で暮らしていて、妻が妊娠しているタイミングで外国人配偶者が在留資格の更新許可申請することになった場合は、母子手帳のコピーや医師の診断書を申請書類に添付することをお勧めします。

「夫婦間に子供ができた」というのは、婚姻の信ぴょう性や夫婦関係の安定性があるとみられる可能性があるからです。

もし、外国人配偶者が在留資格の更新許可申請するときに、既に子供が生まれている場合は、子の父または母のどちらかが日本人であれば、その子は日本国籍を取得し、日本人の父または母の戸籍に入っています。

在留資格更新許可申請の時には必ず「戸籍謄本」も提出しますので、その戸籍に子供が記載されているので、入国管理局も「子供が生まれたんだな」と分かります。

子供が出来たら絶対に審査に有利なのか

在留資格更新許可申請では、いくつもの審査基準を検討します。

「妻が妊娠した」または「子供が誕生した」という婚姻関係の安定性をアピールできる要素が夫婦にあったとしても、「夫が無職」「別居していた」という婚姻関係を維持する上での不安定要素があれば、より長期の在留期間をもらうことは難しくなります。

家庭内も経済的にも安定した生活を維持できるようにすることが、重要です。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。