日本では、官民挙げて観光立国を目指しており、北海道においても多くの観光客を見かけるようになりました。

また、日本に居住する外国人の数も増え、北海道内においても札幌だけでなく、札幌近郊やそれ以外の市町村でも外国人見かけることは少なくありません。

H5系 ぬり絵

札幌市内に住む北海道内の外国人の割合

北海道内に住む外国人の数(H27.12.末)は 25,692人で、札幌市内に住む外国人の数(H27.12.末)10,323人 です。

北海道に住む外国人の約40%が、札幌市内に住んでいる ことが分かります。

(データの掲載は省略しますが、北海道内に住む外国人の数はここ5年くらいでものすごく増えましたが、札幌市内に住む外国人の数はあまり変わっていません)

 

北海道内の全人口に占める外国人の割合

H28.1.1の北海道の全人口は5,401,210人で、外国人の数は24,999人です。

北海道内での外国人の割合は、0.46% です。

(ちなみに、東京都内の全人口に占める外国人の割合は、約3.3%です)

 

日本に住む外国人で北海道内に住民登録している割合

日本に住む外国人の数(H27.12.末)は2,232,189人で、北海道内に住む外国人の数(H27.12.末)は 25,692人です。

日本に住む外国人の約1%が、北海道内に住んでいる ことが分かります。

 

北海道内に多い国籍・在留資格

北海道に住む外国人の国籍国で多いのが、順に

中国、韓国・朝鮮、ベトナム、フィリピン、アメリカ です。

(全国的には、中国、韓国・朝鮮、フィリピン、ベトナム、ブラジル、アメリカ、ペルーの順です)

 

北海道に住む外国人で一番多い在留資格が「技能実習」です。

(全国的に一番多い在留資格は「永住」です。)

 

これらのことからわかるのは、

北海道に住む外国人の数は、近年増えてはいるが、主に「ベトナム」国籍の人が 「技能実習」の目的で北海道の広範囲にわたって入ってきており、これは北海道で暮らす外国人の特徴ということができます。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。