外国人留学生は、「資格外活動許可」を受けていれば、1週について28時間以内、大学等の長期休業期間は1日について8時間以内のアルバイトをすることができます。

外国屋台

 

留学生は「資格外活動許可」がないと、アルバイトができない。

「留学」の在留資格をもつ外国人は、大学や専門学校等で勉強することが日本に滞在する目的ですので、就労することは出来ません。

ただし、留学中の学費その他の必要経費を補う目的のアルバイト活動であれば、入国管理局から「資格外活動許可」を受ければ、アルバイト程度の就労はすることができます。

 

アルバイトの時間制限

あくまで、アルバイト程度の就労が許可されているだけですので、「留学」の在留資格で日本に滞在しながら、フルタイムで仕事をすることは出来ません。

外国人留学生は、「資格外活動許可」を受けていれば、1週について28時間以内、大学等の長期休業期間は1日について8時間以内のアルバイトをすることができます。

この「1週について28時間以内」というのも、どの曜日から1週間の起算をした場合でも常に1週について28時間以内であること を言います。したがって、例えば「今週は40時間働いたけど、翌週は10時間にすればいい」ということにはなりません。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。