外国人留学生は、資格外活動許可があったとしても、法令に違反すると認められる活動や公序良俗に反する恐れのある活動、風俗営業等が含まれる営業所における活動は、行うことができません。

外国人 お金

留学生は「資格外活動許可」がないと、アルバイトができない。

「留学」の在留資格をもつ外国人は、大学や専門学校等で勉強することが日本に滞在する目的ですので、就労することは出来ません。

ただし、留学中の学費その他の必要経費を補う目的のアルバイト活動であれば、入国管理局から「資格外活動許可」を受ければ、アルバイト程度の就労はすることができます。

外国人留学生は、「資格外活動許可」を受けていれば、1週について28時間以内、大学等の長期休業期間は1日について8時間以内のアルバイトをすることができます。

 

資格外活動許可があっても、就労が認められない業種

資格外活動許可があれば、どのような仕事にでも就くことができるわけではありません。

1 法令に違反すると認められる活動、公序良俗に反する恐れのある活動

2 風俗営業等が含まれる営業所における活動

この「風俗営業等」には、性風俗のほか、風俗営業許可が必要なスナック、ゲームセンターなども含みます。これは、いわゆる風俗営業店に出入りすること自体、社会通念上学生が通常行うアルバイトと認められず、学業と両立しがたいと評価されることに基づくものです。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。