外国人が、「技能」の在留資格を取るためには10年間の実務経験が必要なので、日本の調理専門学校に通う新卒者外国人が、「技能」の在留資格を取るのは現実的にはほぼ難しいと思われますが、調理や製菓等の専門知識を活かした職務で、商品開発や店舗管理の事務系の職務内容であれば「技術・人文知識・国際業務」を取得できる可能性があります。

【いただきました】アニバーサリーのダックワース

 

実務経験に専門学校で学んだ期間を含めることができる。

外国人を調理師として雇う場合は「技能」の在留資格に該当します。この「技能」の在留資格を取得するための要件は、10年以上の調理師としての実務経験があることが必要です。
この10年の実務経験年数の中には、専門学校などで調理に関する科目を専攻した期間を含めることができます。つまり、2年間専門学校に通っていたのであれば、8年の実務経験があればOKということになります。
「技能」の在留資格を取るためには、熟練した技能が必要となっているので、調理補助のような内容では、実務経験にカウントすることは出来ません。

 

調理専門学校卒業生を調理師として雇用する方法

日本にある調理の専門学校や、製菓の専門学校を卒業した外国人を調理師として雇用したいと思っても、「技能」の在留資格取得の要件として10年以上の実務経験を要求されますから、現実的にはほとんどの新卒者は要件を満たせないはずです。よって、調理士系専門学校の新卒者は就労の在留資格取得はほぼ難しいということになります。
しかしながら、調理や製菓系の専門学校卒業生は、調理や製菓の専門知識を活かした職務で、商品開発や店舗管理の事務系の職務内容であれば、「技術・人文知識・国際業務」を取得できる可能性があります。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。