「短期滞在」で日本に来ている家族(配偶者や子)が「家族滞在」の在留資格に変更したい場合は、在留資格認定証明書交付申請を行ない、日本にいる間に認定証明書が交付された場合は、一度本国に戻らなくても、在留資格変更許可申請をして引き続き日本に滞在することができます。

「短期滞在」と「家族滞在」の違い

例えば、「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を持って日本で暮らす外国人男性の妻や子が、通常は本国やその他の外国で暮らしていて、長期休暇を利用して日本にいる夫や父親に会いにくる場合は、「短期滞在」の在留資格になります。
査証免除協定により、ビザの取得が免除されている国籍国の外国人は、事前に「短期滞在」ビザの取得が必要です。「短期滞在」での滞在日数は、15日、30日又は90日です。

また、外国人男性の妻や子が、この外国人男性の扶養を受けて日本で家族で生活したいという場合は、「家族滞在」の在留資格になります。「家族滞在」の在留資格では、原則として、扶養者である外国人男性(夫や父)が日本に在留する期間に限って、日本に在留することが認められます。

※ 外国人妻が「技術・人文知識・国際業務」等の在留資格で、夫が「家族滞在」の在留資格をもらうことも可能です。

 

「短期滞在」から「家族滞在」には、変更することができない

 

外国人男性の妻や子が「短期滞在」の在留資格で日本に滞在していて、「このまま日本で生活したいわ」となっても「家族滞在」の在留資格に直ちに変更することは出来ません。

入国管理局に対して在留資格認定証明書交付申請を行ない、日本にいる間に認定証明書が交付された場合は、一度本国に戻らなくても、在留資格変更許可申請をして引き続き日本に滞在することができます。

逆に、もし日本にいる間に交付がされなかった場合には、在留期間内に一旦日本を出国して本国などに戻り、認定証明書が交付された後に「家族滞在」のビザを在外日本公館で取得してから日本に来ることになります。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。