「永住」の在留資格をもらうと、在留期限がなくなる、つまりは在留期間更新の手続きをする必要がなくなるほか、たくさんのメリットがあります。

1 在留期限がない

就労ビザや結婚ビザでの在留期間は、通常は1年、3年、5年とかですが、永住ビザを取ると在留期限がなくなります。「在留期限がない」ということは将来ずっと日本に住むことが出来ますし、在留期間の更新の手続きが不要になります。

2 仕事の制限がなくなる

例えば、就労ビザでは仕事の内容(業務の範囲)が決まっているので、自分のビザ(在留資格)の範囲外の仕事をすることは出来ませんでした。永住ビザでは、仕事の内容に制限がないので、どんな仕事にも就くことが出来ます。

3 起業が簡単になる

外国人が日本で起業して社長をする場合、「経営・管理」ビザを取る必要があります。「経営・管理」ビザでは、500万以上をビジネスに出資しているなどの条件があるほか、会社設立+必要な許認可+「経営・管理」ビザ といくつもの難しい手続きをこなしていかなくてはなりません。

永住ビザでは、仕事の制限がないので、日本で起業して社長になる場合でも「経営・管理」ビザを取る必要がなくなります。日本人と同様に、資本金1円からでも会社が作れますので、資金の面において起業が楽になります。

4 銀行でローンが組みやすくなる

長い間日本で働いたり、家族が増えたりすると、家を買いたい外国人も多いです。
住宅ローンを組みたい場合、一般的には就労ビザでは審査が厳しいですが、永住ビザでは審査が通りやすくなります。

5 配偶者と離婚・死別しても日本に住むことができる

例えば、配偶者ビザを持つ外国人が、日本人配偶者と離婚や死別した場合、配偶者ビザの更新はできなくなってしまうので、就労ビザや定住者ビザに変更しなければなりません(要件を満たさなければ変更もできない)が、永住ビザがあれば、ビザ(在留資格)を変更する必要がないので安心です。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。