「技術」「人文知識」のカテゴリーに該当する業務では10年以上、「国際業務」のカテゴリーに該当する業務では3年以上の実務経験があれば、実務経験で申請要件の一部をクリアすることができます。

実務経験のカウントの仕方

「技術」「人文知識」のカテゴリーに該当する業務では10年以上の実務経験が必要ですが、この中には大学、高校、専修学校の専門課程においてその技術や知識に関連する科目を専攻した期間を含むことがでます。

「10年以上」という期間きちんとクリアしていなければならず、9年10か月のような期間では10年以上の実務経験があることにはなりません。

また、「国際業務」のカテゴリーに該当する業務では3年以上の実務経験が必要です。

翻訳、通訳、語学の指導、広報、宣伝又は海外取引業務、服飾若しくは室内装飾に係るデザイン、商品開発その他これらに類似する業務に従事する場合には、関連する業務について3年以上の実務経験が必要ですが、大学を卒業した者が翻訳、通訳又は語学の指導をする場合は、実務経験は必要ありません。

 

業務歴による申請があまり多くない理由

「技術・人文知識・国際業務」の在留資格では、大学等を卒業した学歴のほか、上に説明したように業務歴でも要件の一部をクリアすることができますが、実際には10年以上の業務歴で申請するケースはあまり多くありません。

その理由としては

□ 以前の勤務先が倒産してしまい、勤務歴を証明する書類(在籍証明書等)を発行してもらえない場合がある。

□ 在籍証明書等の信ぴょう性に疑いがある場合がある。

□ 日本に来る頃に30歳くらいになっていれば、家族を持っている場合もあり、自身の判断だけで来日を決められない場合がある。

といったことが考えられます。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。