資格外活動の許可を受けた場合でも、風俗営業関係の仕事に就くことはできません。

資格外活動の包括的な許可とは?

資格外活動は、資格外活動を行う者が、現に有する在留資格に係る本来の在留活動が妨げられないことを条件に許可されます。

ただし「留学」又は「家族滞在」の資格を持って在留する外国人から、学費や必要経費を補う目的で資格外活動許可申請がなされた場合は、在留状況に特段の問題がない限り、一定の時間の範囲内で、アルバイト先や時間を固定しないで資格外活動が許可されます。

「アルバイト先や時間を固定しない」という意味で、『包括的な許可』と言われています。

 

資格外活動があっても、就いてはいけない仕事

包括的な資格外活動許可があれば、アルバイト先を固定しなくてもよいので、単純労働やアルバイトの掛け持ちも可能ですが、風俗営業関係の仕事に就くことは出来ません

資格外活動が許可されると、在留カードの裏面に「資格外活動の許可を受けている」「風俗営業関係の仕事には就くが出来ない」といった内容が記載されます。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。