日本人が中国で婚姻手続きを行うときに、日本で発行された婚姻要件具備証明書に、日本にある中国領事館で認証してもらう必要があります。

現在、中華人民共和国在札幌総領事館では、代理人による婚姻要件具備証明書の認証申請は、行うことが出来ません。同領事館は、北海道だけでなく、青森・岩手・秋田県も管轄していますが、申請人が北海道外に居住している場合であっても、本人が領事館に出向いて申請しなければなりません。

私が知っている限りでは、代理人申請可⇒本人申請のみ⇒代理人申請可 と扱いが変わったことがあり、最近(おそらく今年になってから)また本人申請のみに変更になりました。

今後も扱いが変わることも考えられますので、特に北海道外にお住まいの方で申請をする場合には、その都度、代理人申請は可能かどうかを、同領事館に確認することをお勧めします。また、中華人民共和国在札幌総領事館以外の中国領事館では、取り扱いが異なることも考えらえますので、管轄の領事館にご確認ください。

以前「本人申請のみ」に扱いが変わったときに、その理由を同領事館に確認したところ、「本人確認と婚姻意思の確認のため」と言われました。

なお、戸籍謄本や法人登記簿謄本の認証などは、従来通り代理人による申請は可能です(現在のところ)。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。