あなたと奥様が、「実体を伴った婚姻生活が3年以上継続し、かつ、引続き1年以上日本に在留」していれば、同時申請は可能です。

 

永住申請の居住歴は、原則10年です

永住申請したい外国人は、原則として継続して10年以上日本に在留していることが必要です。また、この期間のうち、就労資格をもって継続して5年以上在留していることが必要です。

したがって、あなた(永住申請したい外国人)は、この条件を満たしていなければなりません。

 

妻と子は「永住者の配偶者等」の資格があるとみなされます

上記は原則ですが、特例として、日本人、「永住者」又は特別永住者の配偶者の場合、実体を伴った婚姻生活が3年以上継続し、かつ、引続き1年以上日本に在留していれば、永住申請できることになっています。

あなたが永住許可された時点で、その家族(妻と子)は「永住者の配偶者等」の在留資格があるとみなされます。そして、妻と子の永住申請の居住歴の条件は「実体を伴った婚姻生活が3年以上継続し、かつ、引続き1年以上日本に在留」に引き下げられますので、この条件を満たしていれば、妻と子も永住許可される可能性はあります。

 

家族で同時に永住申請ができます

あなたが永住申請をする際に、妻と子も同時に永住申請することが出来ます。

当然、あなたの永住が許可されなければ、妻と子の永住も許可されることはありませんが、あなたの永住が許可されれば、妻と子も永住許可を受けられる可能性はあります。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。