就労資格証明書は、簡単に言うと、報酬等を受ける活動ができることの証明書です。在留カードや在留カードの裏面に押された資格外活動許可のスタンプでも、外国人が就労が可能かどうかわかりますので、就労証明書は必ずもらわなければならない証明書ではありません。

就労資格証明書とは

就労資格証明書は、外国人から申請があったときに入国管理局が発行する証明書で、その外国人が「収入を伴う事業を運営する活動」または「報酬を受ける活動」を証明するものです。

ただし、現在は、在留カードや在留カードの裏面に押された資格外活動許可のスタンプも、外国人が就労が可能かどうかわかりますので、就労証明書は必ずもらわなければならない証明書ではありません。

 

就労資格証明書が必要な場面

就労資格証明書が必要とされるのは、雇用主が誤って就労活動ができない外国人を雇用することがないように確認する場合や、外国人が適法な就労可能な在留資格を取得していることを証明する場合で、このような場面で利用されることが想定されています。

また、長期の在留期間を残して転職するような場合(次回の更新申請まで期間がある場合)、この就労資格証明書を申請して証明書の発行を受けておけば、新しい会社で従事する業務内容も、現在ある在留資格で行うことができる業務であることを転職先の会社に示すことができますし、外国人本人にとっても次回の更新申請がスムーズに進みます。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。