北海道内(札幌又はほかの市)に領事館(領事部)がある国でしたら、そこでビザ申請をすることが一般的には出来ますが、北海道内に領事館等がない国の場合は、通常は東京や大阪にあるその国の大使館や領事館(領事部)にパスポートを郵送して、ビザの申請をします。

 

手続別

 

観光ビザは、渡航先の国から発給されます。

例えば、現在でもインドやカンボジアに観光に行くには、渡航前に観光ビザを取得していなければなりません。ビザは、日本にある外国の大使館や領事館で発行してもらいますが、国によっては大使館等ではなく「ビザセンター」にビザ申請する場合もあります。またカナダに渡航するビザは、フィリピンにあるカナダ大使館で現在は処理されているので、そちらに申請します。

申請方法も、申請書をダウンロードして、必要な書類(パスポートなど)を同封して郵送する方法もあれば、インターネットで申請する方法もありますので、詳細は日本にある各国の大使館等のウェブサイトで確認して下さい。

 

札幌でビザの発給をする領事館等は少ない。

札幌には、アメリカ、韓国、ロシア、中国、オーストラリアの領事館があり、http://www.city.sapporo.jp/kokusai/consulate/consulate1.htmlその他たくさんの国の名誉領事館もあります http://www.city.sapporo.jp/kokusai/consulate/consulate2.html。

基本的に日本国が発行するパスポートがあれば、多くの国に観光ビザなしで渡航ができるのですが、観光ビザが必要な国もあります。

前述のように札幌にはたくさんの国の名誉領事館がありますが、名誉領事館では通常業務は行われておらず、ビザの発給受付もされないのがほとんどです。ビザの発給がされたとしても「年2回領事が来た時に」といった具合です。

したがって、札幌には名誉領事館もない国、または名誉領事館があるがビザの発給は受け付けていない国に旅行をしたい場合は、本州にある大使館・領事館(領事部)やインターネットでビザを申請することになります。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。