札幌 外国人の会社設立 経営・管理ビザ 就労ビザ 配偶者ビザ 取得を代行します。

外国人を日本に呼び寄せるまでの流れ(長期滞在)

  • HOME »
  • 外国人を日本に呼び寄せるまでの流れ(長期滞在)

(例)日本人の配偶者として外国人を招聘する場合

日本人配偶者が、居住地を管轄する入国管理局に在留資格認定証明交付申請をする。
申請取次の資格を有する行政書士が、申請を取次ぎすることが可能
審査
審査期間は案件により異なります
許可の場合は、入国管理局から在留資格認定証明書が交付される。
日本人配偶者は、在留資格認定証明書を外国人配偶者へ郵送などの方法で送る。
外国人配偶者は、在外日本公館に在留資格認定証明書を添付して、査証(ビザ)を申請する。
審査
通常は、5業務日
在外日本公館から、ビザが発給される。
外国人配偶者が来日
有効な旅券、ビザ、在留資格認定証明書が必要
在留資格認定証明書の有効期間が発行日から3ヶ月なので、その期間内に来日します
空港で上陸審査
上陸許可をもらい、無事日本で生活することができます。

※在留資格認定証明書が交付されてビザが発給されていても、外国人が上陸拒否事由に該当するなどの場合には、上陸審査で上陸が許可されないことがあります。在留資格認定証明書は、外国人の上陸を許可するものではありません。

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。

ご相談はこちらまで/ Available in English TEL 011-219-5254 平日 9:00 - 18:00|土曜 9:00 - 13:00

当事務所で多いご相談の一例

月別

PAGETOP
Translate »