札幌の外国人のビザ、在留資格手続き専門行政書士 木田晶子です。

外国人が、入国管理局へ在留手続きに関する申請をする際に申請書に顔写真を貼り付けします

貼り付けする顔写真は申請前3か月以内に、正面から撮影された無帽、無背景で鮮明なものである以外、細かな決まりはありません。

パスポートの写真のように顔の表情や余白に、細かい要求は無く履歴書の写真のように服装はスーツが好ましいとうこともありません。

ただ、この写真は、在留カードにも転用されることになり、長ければ3年、5年もその写真のカードを持ち歩くことになりますからそこそこいい表情の写真であるといいと思います(笑)

そこでおすすめなのが、コンビニの証明写真 印刷サービスです。

例えば、

これなら、

  • 「写真屋さんに行くのが大変」
  • 「証明写真機の操作方法がわからない」

という外国人の方も気軽に撮ることができます

そして、何よりいいのが、安い。

200円です!

ただし、枚数は3枚くらいと、少なめです。

でも、一般的な証明写真は、枚数が多くてなかなか使い切ることができません。

昨年と同じ写真を持ってくる外国人の方もいらっしゃいますが、一応申請前3か月以内となっていますから・・・。

入国管理局への申請書に貼付する証明写真は、それほどあらたまった写真である必要はないので、このようなコンビニの証明写真は、とても便利です。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。