基本的には、「外国人の国籍を証明する書類」と「本国法で結婚の要件を満たしていることを証明できる書類」が必要です。

 

日本人と外国人、外国人と外国人が日本で婚姻手続を行う場合の「実質的成立要件」と「形式的成立要件」については、前日のブログ 日本好きの外国人カップルです。日本で結婚できますか? で説明していますので、ご覧ください。

この「実質的成立要件」を外国人が満たしていることを証明するには、外国の政府等から発行された書類を、婚姻手続を行う日本の市役所等に提出します。

「外国人の国籍を証明する書類」としては、一般的にはパスポート、国籍証明書、出生証明書などです。

「本国法で結婚の要件を満たしていることを証明できる書類」は、独身証明書や婚姻要件具備証明書と呼ばれる書類です。

ただし、タイトルは「独身証明書」と日本語に訳することができる書類でも、内容によっては「この証明書の記載内容では、独身証明書として不十分」と市役所等が判断することがあります。

その場合は「申述書」(フォーマットは市役所等にあります)への記載を求められることがあります。

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。