入国管理局に提出する翻訳に、決まった書式はありません。どれがどの部分の翻訳なのか、対比してわかるように翻訳すること、翻訳の最後に「原本を正しく翻訳しました」と記載して、日付、翻訳者の住所・氏名(あれば押印も)を記載しておきましょう。

 

就労ビザの申請の時には履歴書や卒業証明書、配偶者ビザの申請の時には結婚証明書など、入国管理局に外国語で書かれた書類を提出することがあります。

英語以外で書かれている書類には、日本語訳を添付する必要があります。詳しくはこちらのブログをご覧ください。入国管理局に提出する外国語の書類。翻訳が必要ですか?

たまに、外国人ご本人やその知人の方に、翻訳を依頼すると、履歴書等の書類にそのまま日本語を書き込んでいるケースがあります。

これでダメということは無いですが、ごちゃごちゃして見ずらいことが多いです。できれば、別な用紙に、外国語の文章と日本語の文章を対比して、どれがどの部分の翻訳なのかが分かるように、作成するのが良いと思います。

そして、翻訳の最後に「原本を正しく翻訳しました」と記載して、日付、翻訳者の住所・氏名(あれば押印も)を記載して完成です。

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。