婚姻届には、漢字・ひらがな・カタカナを使って記入ができますが、英語などの外国語で記入することはできません。

 

例えば、中国や韓国の方でしたら、パスポートや出生証明書、婚姻要件具備証明書に記載されている「漢字」の氏名を、日本の婚姻届の氏名欄に書くことができます。または、氏名を日本語で発音したものを「カタカナ」にして、氏名欄に書くこともできます。

一方、漢字が無い国や地域の方は、氏名を日本語で発音したものを「カタカナ」にして氏名欄に書く方法しかありません。

婚姻届に記載された外国人の氏名は、日本人配偶者の戸籍や婚姻届の受理証明書にそのまま記載されますので、できるだけ発音を忠実にカタカナにして、氏名欄に正しく記載します。

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。