パスポート申請中でも、入国管理局へ在留資格認定証明書交付申請をすることができます。申請書のパスポート番号の欄には申請中であることを記載しておきます。

 

これから外国人を日本に呼び寄せようとするときは、日本の入国管理局へ在留資格認定証明書交付申請をしますが、申請時点では、まだ外国人はパスポートを持っていないということも珍しくありません。

国によっては、パスポートの申請から発行までに1年を要することもあります。

在留資格認定証明書交付をするときに外国人のパスポートが発行されていないときは、申請書に「発行手続き中」のように申請中である旨を記載します。

ただし、在留資格認定証明書が発行されてから、在外公館でビザ申請をしますが、ビザ申請にはパスポート原本の提出が必要です。

在留資格認定証明書交付申請をする時点では、まもなくパスポートが発行される、というようなタイミングでなければ、せっかく発行された在留資格認定証明書の有効期限(3か月)が切れてしまいますので、注意が必要です。

手続別

在留資格認定証明書交付申請書には、外国人の氏名は、パスポートのとおりのアルファベットで記載しなければなりません。

もし、中国など漢字圏の方で、パスポートが発行手続き中で、かつ他の書類でも氏名のアルファベット表記が分からないために、氏名を漢字のみで記載して提出しても、在留資格認定証明書交付申請書は受理されません。(← 先日、私が実際に入国管理局で指摘されたことです)

この場合は、パスポートが発行されたらそのコピーを取り寄せ、在留資格認定証明書交付申請書にアルファベットで氏名を記載し、それから入国管理局に提出します。

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。