在留期間更新申請、在留資格変更申請手続き等のために、パスポート(旅券)や在留カードを行政書士に預けても携帯義務違反にはなりません。

ただし、行政書士から旅券と在留カードの「預かり証」を発行してもらい、それを携帯するようにしてください。

手続別

 

外国人にはパスポート又は在留カードの携帯義務がある

日本に在留する外国人にはパスポートの携帯義務があります(入管法23条)。ただし、在留カードを携帯している場合は、パスポートを携帯していなくても良いことになります。

そして、外国人は入国審査官、入国警備官、警察官等から職務執行のためにパスポートや在留カードの提示を求められたときは、これを提示しなければなりません。

 

手続きのために在留カードを行政書士に預けても大丈夫?

在留期間更新申請や在留資格変更申請手続き等を行政書士に依頼していて、外国人が行政書士にパスポートや在留カードを預けている場合は、外国人は旅券や在留カードの携帯義務違反にはなりません。

ただし、行政書士からパスポートや在留カードの「預かり証」を発行してもらい、パスポートや在留カードが手元にないときは常にそれを携帯するようにしましょう。

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。