外国人を日本に呼び寄せる目的で在留資格認定証明書を発行してもらったのに、事情があって来日できなくなった場合、発行された認定証明書は入国管理局に返納する必要があります。

 

 

在留資格認定証明書とは

雇用したい外国人や外国人配偶者がまだ海外にいる場合、日本に呼び寄せるためにまず初めにするのが「在留資格認定証明書交付申請」で、日本の入国管理局に申請をします。

入国管理局では、申請書の記載事項や添付書類の内容を審査して、雇用したい外国人や外国人配偶者を「日本に呼び寄せてもいいよ」という結論に至ると、在留資格認定証明書を発行してくれます。

外国人を雇用したい会社や日本人配偶者などが、この在留資格認定証明書を入国管理局から受け取ったら、ただちに海外にいる雇用したい外国人や外国人配偶者に郵送します。在留資格認定証明書を受け取った外国人は、ビザ申請書やその他添付資料と在留資格認定証明書を用意して、日本領事館等にビザ申請をします。

 

事情があって来日できなくなった場合

在留資格認定証明書の有効期限は発行から3か月です。

外国人がすぐに日本に来れなくなった場合や事情があり日本に来る必要がなくなった場合、在留資格認定証明書が既に発行されていれば、在留資格認定証明書交付申請の申請人は、責任を持って入国管理局に在留資格認定証明書を返納しなければなりません。

もし、在留資格認定証明書を外国に送ってしまっている場合でも、在留資格認定証明書を送り返してもらって、入国管理局に返納する必要があります。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。