日本で働く外国人にどのくらいの日本語レベルが必要かは、在留資格の種類により異なります。企業で翻訳・通訳として働きたいときは、一般的には、日本語能力検定のN2又はN1に合格している又は合格するレベルの日本語能力が必要です。

 

日本語の能力が必要とされる在留資格

日本で働く外国人にどのくらいの日本語レベルが必要かは、在留資格の種類により異なります。ある一定のレベルの日本語能力が必要とされる在留資格もあれば、まったく日本語能力は問われない在留資格もあります。

技術・人文知識・国際業務

「国際業務」の中でも翻訳・通訳の業務に就きたい外国人は、N2又はN1に合格している又は合格するレベルの日本語能力が必要です。

「技術」「人文知識」に分類される業務、「技能」の業務に就きたい外国人は、大学の専攻や実務経験が業務とマッチしていれば在留資格を得られるので、日本語能力は審査の対象にはなりません。ただし、社内でコミュニケーションを取るための日本語もしくは従業員との共通の言語は必要かと思います。

このほかに、「技能実習」では来日前から日本語を学ぶので、1年目でN3レベルの日本語が身につくことになります。また「医療」のように日本の医師や看護師の資格が必要な在留資格では、日本語能力は問われませんが、試験に合格しなければならないので実際は高いレベルの日本語能力が身についていることになります。

 

N2のない外国人を翻訳・通訳として働かせたい場合

私の経験ですが、N2に合格はしていないが、日本語学校でN2相当レベルのクラスに所属していることを説明して、翻訳・通訳の仕事に就くために「技術・人文知識・国際業務」の在留資格が許可されたことがあります。

また、例えば「N3には合格していて、合格後に日系企業に勤めて日本語を使っていたので、試験を受ければN2には合格できるだろう」という外国人であれば、N3の証明書や日系企業での在職証明書を付けて日本語能力を説明できれば、必ずしもN2に合格はしていなくても、翻訳・通訳の仕事に就ける可能性はあると考えます。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。