2012年7月9日から、外国人住民の方も住民基本台帳制度の適用対象となり、外国人住民の方も、別の市区町村へ引越しをする際には、現在住んでいる市区町村役場で「転出届」、新たに住む場所の市区町村役場で「転入届」の手続きが必要です。

別の市区町村へ引越しする場合

現在住んでいる場所の市区町村役場で「転出届」をして転出証明書を発行してもらい、住所を定めてから14日以内に転出証明書を持って、新たに住む場所の市区町村役場で「転入届」の手続きを行います。

外国人住民の場合、身分証明書として使用する目的のほかに、在留カードの裏面に新住所地を書いてもらうために、在留カード(または特別永住者証明書)も手続きの際に持参してください。

もし「転出届」を出すのを忘れて引越ししてしまった場合は、郵送で「転出届」を提出することができます。その後「転出証明書」が郵送で送られてきますので、それをもって新しい住まいの市区町村役場で「転入届」を提出できます。

 

同じ市区町村内で引越しする場合

同一の市区町村内で住所を変更する際には、お住まいの市区町村に「転居届」を提出します。

 

海外に引越しする場合

日本を出国して海外で暮らす場合は、原則として現在住んでいる市区町村役場で「転出届」の提出が必要です。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。