「経営・管理」や「技術・人文知識・国際業務」のような就労系在留資格を持つ外国人に扶養される配偶者または子は、「家族滞在」という在留資格で日本に滞在することが出来ます。

在留資格「家族滞在」とは?

在留資格「家族滞在」は、

「教授」「芸術」「宗教」「報道」「高度専門職「経営・管理」「法律・会計業務」「医療」「研究」「教育」「技術・人文知識・国際業務」「企業内転筋」「興行」「技能」「文化活動」「留学」

の在留資格で在留する外国人の扶養を受ける配偶者又は子に与えられる在留資格です。

「家族滞在」の在留資格を持つ配偶者又は子は、家事や子育て、通学などの日常的な活動を行うことが出来ます。

「家族滞在」の在留資格を持つ配偶者又は子が働きたい場合は、入国管理局から資格外活動許可をもらえば、週28時間以内のアルバイトをすることが出来ます。

 

親は「家族滞在」の対象外

在留資格「家族滞在」では、親は対象外になっていますので、呼び寄せることはできません。

 

配偶者や子を呼び寄せる方法

配偶者や子を「家族滞在」の在留資格で日本に入国させたいときは、上記の「教授」~「留学」の在留資格を持って日本に滞在する外国人が、入国管理局に在留資格認定証明書交付申請を行います。申請に必要な添付書類の主なものは、

〇 夫婦又は親子関係を示す証明書

〇 配偶者や子を扶養できることを示す所得証明書など

です。

詳しい申請書類は、入国管理局ウェブサイトの該当ページでご確認ください。http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/ZAIRYU_NINTEI/zairyu_nintei10_17.html

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。