派遣で外国人に働いてもらうことは可能です。派遣元の会社が在留資格の手続きを行います。

派遣先の会社は、パスポートと在留カードで在留資格、在留期間を確認し、在留資格に合致した内容の業務に従事してもらうことになります。

「契約」が意味するもの

「技術・人文知識・国際業務」「技能」の在留資格では、『本邦の公私の機関との契約に基づいて』いることが必要ですが、この「契約」には、雇用契約だけでなく業務委託契約や派遣契約も含んでいます。

したがって、派遣契約に基づいて外国人に働いてもらうことはできますが、雇用主以外の機関において就労する場合には、その根拠となる契約書(派遣契約書)と就労先機関(派遣先)の概要を明らかにするために、該当する書類を申請書に添えて入国管理局に提出します。

 

派遣先の会社が確認すること

派遣元との派遣契約に基づいて外国人労働者を紹介され、派遣先会社で働き始める場合には、派遣先の会社ではパスポートと在留カードで在留資格、在留期間を確認して、オーバーステイでないこと、いつまで日本で働くことができるのか、どのような業務に従事してもらうことが出来るのか等を知っておくことが必要です。

入管法の改正で、資格外活動や不法就労させた場合の会社に対する罰則が大変厳しくなっています。「知らなかった」「確認しなかった」ということでは、責任を免れることはできないので、上記を忘れずに確認しておくようにしてください。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。