長期間日本を不在にしていた合理的な理由を説明すれば、在留期間の更新が許可される場合があります。

長期間日本を離れていたことに、合理的な理由があるか。

在留資格を有する外国人が、付与された在留期間中に長期間日本を不在にしていた場合、在留期間更新許可申請をする際には、長期間日本を不在にしていた合理的な理由(業務上の理由、病気、家族の事情など)を説明しなければ、在留資格を与えておく必要がないと判断されて、在留期間の更新が許可されない可能性があります。

つまり、長期間日本を不在にしていても、「合理的な理由」がありそれを説明することができれば、更新は許可される可能性があるということです。

出張で長期間日本を離れていた場合

「技術・人文知識・国際業務」など就労系の在留資格を持つ外国人が、勤務先から命じられて長期間海外出張している場合は、雇用状況、給与の支払いや納税状況、どのような活動を海外で行ったのかなどのことから、在留期間更新の可否が総合的に判断されることになります。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。