役所から「所得証明書」や「納税証明書」を取得できない場合は、代わりに預金の残高証明書などで「当面の生活費があること」を説明できれば大丈夫です。

「所得証明書」がなぜ必要なのか考えてみましょう

入国管理局に申請書を提出する場合の添付書類として、よく「所得証明書(課税額が載ったもの)」と「納税証明書」を要求されます。

しかしながら「1月1日はまだ海外に住所があった」などの理由で、区役所等から「所得証明書」「納税証明書」を取得できないこともあります。取得できないときは、当たり前ですが取得できないので、入管も提出を求めません。逆に「所得額ゼロ」「納税額ゼロ」であっても、証明書が発行されるのであれば、取得して入管に提出します。

ここで、「所得証明書」や「納税証明書」の提出を求められる理由を考えてみましょう。

「所得証明書」…収入があること、その収入で日本で安定して生活していけることを証明するため。

「納税証明書」…税金を払っていること、社会保険等に加入していること、日本のルールを守り生活していることを証明するため。

です。

 

「所得証明書」の代わりになる書類

「所得証明書」は、収入があること、その収入で日本で安定して生活していけることを証明するための書類ですから、「所得証明書」が取得できず提出できない場合には、【日本で安定して生活していけることを証明】できるほかの書類を提出すればよいわけです。

例えば

〇 預金の残高証明書

〇 勤務先との雇用契約書や給与明細

〇 源泉徴収簿(勤務先からもらう)

〇 身元保証人の所得証明書、納税証明書

などを、1つ又は2つ以上を提出して、所得証明書に代えることができます。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。