札幌の外国人のビザ、在留資格専門の行政書士 木田晶子です。

札幌市の外国人高齢者に対する福祉手当について

広報さっぽろ 5月号にも掲載されている情報ですが、

外国人の高齢者、障がい者には札幌市から福祉手当が支給されます。

これは、国民年金制度は、昭和36年4月1日に発足しましたが、在日外国人の方は、昭和56年12月31日まで国民年金に加入することが出来ませんでした。

大正15年4月1日以前に生まれた在日外国人の方は、年金制度の経過措置を適用しても25年間の受給資格期間を満たすことが出来ないため、老齢基礎年金が受給できません。

また、障害基礎年金は、20歳に達する前に障害になった方は20歳に達した時から障害基礎年金が支給されます。

しかし、同様の理由で在日外国人の方で、重度心身障害者であり、昭和57年1月1日前に20歳になった方は障害基礎年金を受給することが出来ません。

国や道では同様の事業がなく、札幌市が諸要件を定めて実施しています。

支給額は、月額10,000円です。

要件の詳しい内容、問い合わせ先は、札幌市のホームページをご覧ください。

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。