札幌の外国人のビザ、在留資格専門の行政書士 木田晶子です。

カナダでは多くの移民を受け入れていますが、カナダの移民政策は、大きな転換期にあります。

私が2月末~3月中旬までの1か月弱、缶詰になって取り組んてきた仕事がケベック州への「投資移民ビザ」申請です。

なぜ缶詰になってやらなければならなかったかというと、2015年3月20日で投資移民ビザ申請が締切になり、その後、再開される目途が無いから、です。

私がカナダの移民弁護士事務所で働いていた10年前は、カナダのどこの州でも「投資移民ビザ」がありました。

当時は、「80万カナダドルの財産があり、40万カナダドルの投資が可能である」、というような条件でした。

でも、ケベック州が最後の一つとなり、それも終わってしまった。。。ということです。

再開される目途は無く、もし再開されたとしても財産額と投資額が高くなるだろう、というカナダの弁護士の話です。

3月20日で締め切られた投資移民ビザでは、「160万カナダドルの財産があり、80万カナダドルの投資が可能であること」、という条件でした。

10年前の倍になっているから、驚きました!

投資移民ビザ申請は、ものすごーく、たくさんの書類を提出・作成することが必要で、それらを日本語から英語に翻訳しなければなりません。

普通なら、半年くらいの期間は軽くかかります。

私も経験がありますが、申請人が日本人以外の外国人の場合、「書類の用意が面倒だ~」みたいな感じで作業がイヤになるらしく、半年間くらい連絡がなくなる、なんてこともありました。

以前、カナダの弁護士が、「日本人は、移民の希望者は多くないけど、頼んだ書類はすぐに用意してくれるから、いいお客さん」と言っていましたが、本当にそうで、今回も、1か月弱という『奇跡』のようなスピードで申請書や添付書類を作り上げました

つづく

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。