中国領事館に申請する書類の種類にもよりますが、札幌に住む人に代理人になってもらい、申請することが可能です。

 

札幌には中国領事館がありますので、札幌市内や近郊に住む方でしたら、何とか都合をつけて、パスポートの更新や書類の認証などのために出向くことができるかと思います。

札幌の中国領事館では、北海道内のほか、青森県、岩手県、秋田県も管轄しています。東北の方が札幌まで申請に来るのは、とっても大変なことです(札幌の領事館は、執務は午前のみですので、少なくとも1泊2日の予定で来ることになりますね)。

領事館からは年に2度くらい、東北方面に領事が出張して各種申請を受け付けているようですので、タイミングが合えば、これを利用することをお勧めします。

会社に関する書類に領事認証を受けたい(商事認証)などでしたら、札幌にいる人に代理人になってもらい、申請をすることが可能です(知人がいなければ、ぜひ行政書士木田にご依頼下さい!)。

しかしながら、婚姻要件具備証明書に認証をもらう際は、数年前から申請人本人でなければ、認証の申請ができなくなりました。

ちなみに今朝は、領事館の開庁前に着いてしまい、雪がしんしんと降る中で私が立ち話をした人は、岩手県から「国籍証明書」をもらいに、わざわざやってきたそうです(事前に領事館に連絡すると「領事と面談の必要あり」と言われたとのこと)。

札幌の中国領事館へ認証などの申請をするときは、本人じゃないとダメなのか、必要書類、空いている時間、料金などを事前に確認することをお勧めします。

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。