在留資格「介護」が創設される平成29年11月ごろまでに、介護又は介護の指導を行う業務を開始したい外国人は、特例措置として、「特定活動」の在留資格が許可されることにより、介護福祉士として就労することが認められます。

札幌市の外国人高齢者に対する福祉手当について

在留資格「介護」とは?

在留資格「介護」は、介護福祉士の国家資格を有し、介護又は介護の指導を行う業務に従事する外国人を対象にする新たな在留資格です。

在留資格「介護」の創設を含む出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律が平成28年11月28日に公布され、公布の日から起算して1年以内に施行される予定ですが、具体的な施行日はまだわかりません。

 

施行日前でも介護福祉士の資格を有する外国人は、介護の職に就くことができます。

上記の施行日前であっても、介護福祉士の介護福祉士の国家資格を有し、介護又は介護の指導を行う業務に従事したい外国人には、「特定活動」の在留資格で介護福祉士として就労することが可能です。

既に「留学」等の在留資格で日本に滞在する外国人は、在留資格変更許可申請で「特定活動」に変更することができます。

また、介護福祉士の国家資格を有する外国人が新規に日本に入国して介護福祉士の仕事に就きたいときは、在留資格認定証明書交付申請の手続きを経ることなく、在外公館において在留資格「特定活動」に係る査証(ビザ)申請を行い、出入国港において当該査証による上陸申請を行い、日本に入国することが可能です。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。