外国人との婚姻届けをスムーズに受理してもらうためには、事前に婚姻届けを提出する予定の市区町村役場の窓口で、書類の原本やコピーを持参して確認してもらいましょう。

外国人との結婚には時間がない場合も

日本人同士が結婚する場合でも、大安や誕生日などの記念日に婚姻届けを提出したい時がありますが、外国人フィアンセと結婚する場合には、特有の事情として、外国人の在留期限が迫っていたり、早く婚姻届けを受理してもらってそれを外国の役所に届出したり、在留資格の申請をしなければならないといったこともあります。

したがって、婚姻届けを提出する役所には、スムーズに婚姻届けを受理してもらうことが非常に大切です。

 

「受理伺い」とは

受理伺いとは、役所が婚姻届けなどの書類を受理していいかどうかの判断ができないため、法務局へ書類が回されることを言います。法務局で受理してもいいかどうかの判断が行われることになります。

そもそも受理伺いなるケースとして多いのは、日本人との結婚が少ない国の外国人と日本人が結婚するケース、オーバーステイや不法滞在している外国人と日本人が結婚するケースなどです。

前者の「日本人との結婚が少ない国の外国人と日本人が結婚するケース」では、市役所などがその外国人の独身証明書などを見ても、それがその国で発行される一般的な書式なのかどうかなど判断がつかないために、法務局に確認する必要があるからです。

 

事前に役所で書類をチェックしてもらいましょう

「日本人との結婚が少ない国の外国人と日本人が結婚するケース」では、事前に婚姻届けを提出する予定の市区町村役場の窓口で、書類の原本やコピーを持参して、不明なことは法務局に事前に照会してもらえれば、婚姻届けを出す当日にはスムーズに婚姻届けが受理されることが期待できます。

そもそも書類が足りない場合や書類に間違いがある場合もあります(誕生日など基本的なことの間違いも結構多い!!)ので、やはり国際結婚の場合は、どのような国籍の方との結婚であっても、事前に書類のチェックをしてもらうことをお勧めします。

 

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。