札幌の外国人在留手続き専門行政書士 木田晶子です。

先日、「人文知識・国際業務」の在留資格認定証明書が一度に4人分許可されました。

「人文知識・国際業務」というのは、外国人が、会社で事務系の仕事や、語学教師、翻訳・通訳働くときに与えられる在留資格です。

今回のクライアントからの依頼は会社が新規事業のため一度に4名の翻訳者を招へいしたいということでした。

今回の申請の難しさは、なぜ、4名もの翻訳者を、一度に招へいする必要があるのかを説明することでした。

首都圏では、こんな規模の申請はザラにあるのでしょうが、北海道の会社で、翻訳者が社内に4人いる、または一度に4人招へいするというのは、滅多にある話ではありません。

実際に、申請書を提出した札幌入国管理局でも

窓口担当者 「えっ?4人?」

という反応でした。

クライントとの丁寧な打ち合わせの甲斐もあり「なぜ、4名もの招へいが必要なのか」を丁寧に説明した理由書を作成することができました。

審査期間も2日程度で、非常にスピーディー

昨日、4通の在留資格認定証明書をクライアントさんにお渡しし、感謝の言葉もいただき、私としても大変嬉しい結果となりました。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。