今日の午前中は、札幌にある某国の領事館に領事認証申請のために出かけました。

領事館の前には、いつもの警察機動隊のほか、スーツとか来たたくさんの男の人がいます。顔が怖くて、服装もあまりセンスが良くない。でもみんな親しげに笑っていて、なんだか気持ちが悪い・・・。

「なんだろう?」と思いながら、身分証明書を機動隊の人に提示して用件を伝えて、領事館の中へ。(いつものことですが「行政書士ですが、領事認証を受けに来ました」といっても、「パスポートの申請ですか?」とか今日は「行政認証ですか?」とか全く言っていることを聞いてくれない)

 

領事館の中で呼ばれるのを待っていると、待合室に領事館の人が来て

「○翼の人が領事館の前に来ているので、今は領事館から出ないで下さい」と。

待合室には、私を入れて5人。「警察の人たくさんいましたもんね」とか話して、妙な連帯感が生まれる。

結局、1時間半ほど領事館内から出ることができませんでした(泣)。

・・・・・

「どうして、○翼の人が来るのがわかっているんですか?」と領事館の人に聞いたところ、

「デモをするのに事前に申請をするから、警察の人は知っているんですよ」と教えてくれました。

知らなかった!!

これも行政書士が行える許認可申請なんだろうな。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。