基本的に自宅と会社の住所が同じでは、「経営・管理」の在留資格は取得できません。
自宅とは別に事務所を確保することをお勧めします。

自宅と会社を同じにできる場合

在留資格「経営・管理」を取得するためには、事務所の確保が必須です。
基本的に自宅と会社の住所が同じでは、「経営・管理」の在留資格は取得できません。
自宅と会社の住所が一緒でもよいのは、一軒家などで1階は事務所、2階は居住と明確に分けることができる場合だけです。

一般的なマンションやアパートで、例えば3LDKの間取りで部屋に余裕があったとしても、自宅と会社を一緒にすることはできませんので、自宅とは別に事務所を賃貸するなどして確保しなければなりません。

 

事務所の広さはどのくらい必要か

事務所の広さに決まりはありませんが、ビジネスモデルによって必要な広さはほぼ決まってくると思います。

例えば、IT関係や翻訳通訳を行う会社で、当面は1人で事業を行うのなら、机1つ置けるおける広さの事務所でも問題ありません。貿易業務を行う会社で、在庫を持たないビジネスモデルであれば机1つおける広さでよいですが、在庫を抱えるビジネスモデルであれば事務所が狭いと事業計画が成り立ちません。もしくは事務所のほかに、倉庫などの保管場所を確保しなければなりません。

「経営・管理」の在留資格を申請するときは、事務所外観と内部の写真を添付することになりますので、最低限の事務機器(机、パソコン、プリンター、本棚など)が揃っていることが必要です。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。