資本金300万円だけでは、在留資格「経営・管理」の事業規模の要件を満たしていませんので、最低1名の正社員を雇用しなければなりません。

資本金300万円の会社では、「経営・管理」の在留資格は取得できない。

事業の規模として「資本金の額又は出資の総額が500万円以上であること」が要件とされていますので、資本金300万円だけでは、在留資格「経営・管理」の事業規模の要件は満たしていません。

入管法が求める事業の規模には、
・正社員を2名以上雇用すること
・資本金の額又は出資の総額が500万円以上であること
・上の2つの事業に準ずる規模であると認められるものであること

の3つの種類があります。

資本金300万円の会社で「経営・管理」の在留資格を取りたいのであれば、最後のもの(最初の2つの折衷案)を使って【資本金300万円+最低正社員1名】で一応の要件を満たすことになります。

増資して資本金500万円以上の会社を作ることを検討しましょう

起業したての会社が、1~2名の正社員を雇用することは、ビジネス的には人件費の面から相当難しく、それなら資本金を500万円以上とする会社を設立して、外国人経営者1名でビジネスをするほうが現実的かもしれません。

増資をして資本金500万円以上の会社を作ることを検討することもお勧めします。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。