外国人の方が日本にいるのかいないのか、により手順が異なりますが、外国人の方が日本にいるケースでは、まずは会社を設立して、それから「経営・管理」ビザの申請をして、ビジネスを始めることになります。

1 会社を設立する

会社の名前、事業内容、会社の本店の住所、資本金の額など「定款」に盛り込む内容を決めて定款を作成します。

資本金の振込を行って、会社の設立登記をします。

定款の作成や会社の設立登記については、行政書士や司法書士が相談に乗ってくれますが、きちんと外国人の会社設立であること会社設立後に入国管理局にビザの申請をすることを説明して、知識や経験のある専門家に依頼することをお勧めします。

カレーとナン

2 「経営・管理」ビザの申請

「すぐにでも会社の経営ができるよ」という状況にしてから、ビザの申請をします。

例えば、資本金の額が500万円に満たなくて、従業員を一人または二人採用しなければならなければ、採用をしてから、飲食店を経営するので営業許可が必要であれば、許可を取得してから、ビザの申請をすることになります。

貿易を行う会社であれば、会社には看板を掲げ、電話やPC、複合機など事務作業ができる環境も整えておく必要があります。

 

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。