札幌 外国人の会社設立 経営・管理ビザ 就労ビザ 配偶者ビザ 取得を代行します。

ビザ種類の変更手続きについて

在留資格の変更

在留資格の変更

外国人は、上陸又は在留が許可される際に、その在留の目的に合致した在留資格を与えられ日本に在留することになります。そして、日本滞在する間に、在留の目的が変ったり、在留の目的を達成したため他の在留資格に変更しなければならない場合が出てきます。

たとえば、「留学」の在留資格だった学生が、卒業して就職することになれば、就労が可能な在留資格に変更しなければなりません。

(例:「留学」 → 「人文知識・国際業務」など)

また、在留資格 「技術」をもって働いていた外国人が、日本人と結婚したときは、「日本人の配偶者等」の在留資格への変更することが可能です。

在留資格の変更を希望するときは、「在留資格変更許可申請書」に必要な書類を添付して、居住地を管轄する地方入国管理局等に申請します。

在留資格の変更は、「当然に」認められるものではありません

在留資格の変更は、法務大臣が「在留資格の変更を適当と認めるに足りる相当の理由があるときに限り、これを許可する」と入国管理法に規定にされています。

つまり、在留資格の変更を認めるに足りる相当の理由がない時は、変更は許可されないということですので、注意が必要です。

相談のお申し込みは、こちらから

短期滞在からの在留資格変更

短期滞在からの在留資格変更

短期滞在から他の在留資格への変更は、やむを得ない特別の事情がある場合にのみ許可されることになっています。

たまに相談を受けるのは、「観光目的で短期滞在の在留資格で滞在し、たまたま仕事が見つかったので、就労可能な在留資格に変更したい」という内容ですが、このような理由は、やむを得ない事情には当てはまらないので、在留資格の変更は認められません。

相談のお申し込みは、こちらから

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。

ご相談はこちらまで/ Available in English TEL 011-219-5254 平日 9:00 - 18:00|土曜 9:00 - 13:00

当事務所で多いご相談の一例

月別

PAGETOP
Translate »