札幌 外国人の会社設立 経営・管理ビザ 就労ビザ 配偶者ビザ 取得を代行します。

友人、親族、婚約者などの短期滞在

短期滞在・観光ビザ

在留資格「短期滞在」とは

在留資格「短期滞在」は、一般的に「観光ビザ」とも呼ばれ、日本で観光、保養、スポーツ、親族訪問、見学、講習や会合の参加、業務連絡その他これらに類似する活動を行なう外国人に与えられる在留資格です。

海外では「婚約者ビザ(フィアンセビザ)」がある国もありますが、日本の入管法では婚約者ビザはありませんので、婚約者に会うため、婚約者の親族に挨拶するため、婚約手続きのために来日するときは長期滞在は必要ありませんから、一般的には、この「短期滞在」に該当することになります。

日本政府と査証免除協定(いわゆる、ビザなし協定)を締結している国の外国人は、上記の活動目的であれば日本上陸のビザを事前に取得していなくても、上陸港で上陸審査を受けて上陸が許可されれば、短期滞在の在留資格で許可された在留期間(15日、30日又は90日)は日本に滞在することができます。

しかし、査証免除協定を締結していない国の外国人が日本に入国する際には、例え観光や親族訪問目的であっても、日本へ出発する前に、その国にある日本大使館・領事館で短期滞在ビザを取得しなければ、日本への上陸は認められません。

海外の日本大使館・領事館で「短期滞在ビザ」を申請するには、外国人を雇用する予定の会社や日本にいる親族などからの行動予定表(行き先と宿泊先)、身元保証書、渡航費用の証明など、渡航の目的によって様々な書類を提出することが求められます。

外国人を「短期滞在」で日本に呼び寄せするときは、在留資格認定証明書交付申請をする必要はなく、直接、日本大使館・日本領事館に対して短期滞在ビザ申請を行ないます。

⇒ 外国人を日本に呼び寄せるまでの流れ(短期滞在)

短期滞在などビザ申請に必要な書類は、外務省ホームページでご確認ください。

相談のお申し込みは、こちらから

【短期滞在】外国人を日本に呼び寄せるまでのフロー

在留資格「短期滞在」で、外国人を日本に呼び寄せるまでのフロー

招へい人(日本国内にいる人)と申請人(外国人)が、日本に来る日程、宿泊先等の計画を立てる(招へい人は、外国人でも構いません)。
招へい人と申請人が、それぞれ必要書類を用意する。
必要書類は、外務省ホームページでご確認ください。
招へい人が用意した書類を、申請人にEMSなどで送付する。
申請人が、居住地を管轄する在外日本公館に対し、必要書類を添えてビザ申請する。
在外公館において審査(通常は、1週間程度)。
申請人は、ビザの記載あるパスポートを在外日本公館で受領する。
ビザの有効期間は3ヶ月なので、申請人はその期間内に来日する。

※ビザが発給されていても、外国人に上陸拒否に該当する事由等がある場合には、上陸審査で上陸が許可されないことがあります。

相談のお申し込みは、こちらから

ビザに関する疑問・悩みなど、こちらからご相談ください

外国人が日本で仕事や生活するために必要なビザ(在留資格)の申請や変更・更新などの相談、書類作成のお手伝いをします。以下の相談予約フォームよりお問合せください。

サービス内容〈目的別〉

ご相談はこちらまで/ Available in English TEL 011-219-5254 平日 9:00 - 18:00|土曜 9:00 - 13:00

当事務所で多いご相談の一例

サービス内容〈目的別〉

月別

PAGETOP
Translate »