〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西2丁目4 マルホビル5階

受付時間
9:00~17:00(月~金曜日)
アクセス
地下鉄「さっぽろ」駅徒歩5分
「大通」駅徒歩7分

お気軽にお問合せ・ご相談ください

011-219-5254

翻訳・認証サービス

戸籍謄本など英訳します

きだVISAオフィスでは、戸籍謄本などを英訳、日本語訳するサービスを行っています。

下記のような書類を翻訳した実績があります。これら以外の書類も対応しますので、お申しつけください。

  • 戸籍謄本、戸籍抄本、除籍謄本、改製原戸籍
  • 住民票
  • 婚姻要件具備証明書、独身証明書
  • 卒業証明書、成績証明書
  • 運転免許証
  • 銀行の通帳や残高証明書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書、納税証明書
  • 公共料金の請求書や領収書
  • 出生証明書、死亡証明書、結婚証明書
  • 宣誓供述調書(Affidavit)
  • 会社の登記簿、法人の現在事項証明書
  • 会社の定款
  • 委任状

通常は、ご依頼から2~3日で納品しますが、翻訳量によりさらに数日かかることがあります。

納期と料金については、お問い合わせください。

どのようなときに翻訳・認証された書類が必要か

海外の就労ビザ申請、移民ビザ申請、パスポート申請、長期滞在ビザ申請(マレーシアのMM2Hビザなど)、国際結婚の手続き、海外銀行の手続き、海外の年金や社会保険の手続き、海外での会社設立の際などに、上記のような書類の翻訳・認証を提出するよう要求されることがあります。

なぜ行政書士が認証できるのか

行政書士は、「行政書士法第1条の2」により事実証明に関する書類を作成することができるため、書類の翻訳とその証明を行うことができます。

ただし、翻訳された書類の提出先(外国の移民局や金融機関など)が、「Notary(公証人)の認証が必要」などのように、認証する者を指定している場合があります。

行政書士(Administrative Solicitor)の認証で良いかどうかは、ご依頼前に、書類の提出先にご確認ください。

翻訳証明書を添付して、お渡しします

きだVISAオフィスで英訳した書類には、

  • 翻訳者のサインと行政書士の印鑑 
  • 正しく翻訳した旨の証明書(英語)
  • 行政書士証票の英訳 

をすべて添付して納品しています。日本で翻訳・認証する権限ある者が作った書類として、海外の提出先で評価されることになります。

 

また、書類の提出先(外国の移民局や金融機関など)が、認証者を

・Notary(公証人)

・外務省のApostille(アポスティーユ)

・外務省の公印確認と領事館の認証

と指定している場合は、これらの認証の取得を代行することができますので、お問い合わせください。

翻訳の料金表

新様式の戸籍謄本、戸籍抄本(横書き) 基本料金  5,500円
(家族1名につき 1,650円加算)
旧様式の戸籍謄本、戸籍抄本(縦書き) 基本料金  6,600円
(家族1名につき 1,650円加算)
住民票  基本料金  6,600円
(家族1名につき 1,650円加算)
受理証明書(婚姻、出生など) 5,500円~
婚姻要件具備証明書 7,700円
翻訳証明書及び行政書士証票(英文) 3,300円

※ ここに料金がない書類は、A4サイズ1枚 5,500円~になります。文字の量で料金が決まります。

※ 契約書など専門性が高い書類の翻訳は、外注になるので、ご了承ください。

※ 見積もりは無料なので、お問い合わせください。

※ 通常は、ご依頼から2~3日で納品しますが、翻訳量によりさらに数日かかることがあります。

※ 公証役場で宣誓認証、外務省でアポスティーユや公印証明、領事認証をもらう場合には、上記のほかに報酬、費用(手数料や郵便料金)がかかります。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
011-219-5254
受付時間
9:00~17:00
定休日
土(事前予約で面談は可能)・日・祝